ブロコローレ フルーツハーブエッセンス

  • 100%天然オイルを強調する為に
       ノンウォーター・・・水を加える事で分離させない為に活性剤を入れないといけない。
       ノンアルコール・・・吸着力はあるが、揮発性の為、髪を乾燥させる場合がある。
  • グレープシードオイルが、約95%を占め、残りの数%がニクズク他のオイル。
  • 100mlのオイルを作るには、100kgものブドウ種子が使われる。
  • グレープシードオイルは、オレイン酸(抗酸化物質)を多く含んでいますが、ビタミンEの含有量も30%と、オリーブオイルの倍以上、酸化を抑える為のビタミンEも多く蓄えています。オレイン酸もオリーブオイルの約2倍。
  • ポリフェノールも微量ですが含んでいます。(活性酸素除去)
  • エモリエント剤(保湿剤)として利用。
  • グレープシードオイルは、地肌の刺激緩和が一番の特徴です。依って、カラー(1・2剤混合)、パーマ(1剤)などの使用時に、刺激を感じる方にはとくに有効です
  • カラー、パーマ剤に混ぜても乳化が早く、操作性が良い。
  • シャンプー、カラー剤、パーマ剤には活性剤が入っており、その活性剤を利用して乳化、融合させ浸透させる。
  • 前記した様に、保湿効果が非常に高いので、カラー、パーマ後のパサツキや、安価なシャンプー時のキシミが、グレープシードオイルをミックスする事で解消されます。

カラーの場合 1.2剤混合60グラムに対して6ml
パーマの場合 1剤(80ml)に6ml

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です