和漢彩染で使用する材料の解説

  1. それは何か?
  2. 使用方法及び効果効能
  3. 他の使用方法
  4. 何故、これを使わないといけないか?

フルーツハーブエッセンス

  1. グレープシードオイルです
  2. ラック・オキシの総量に対して10%ブレンドしますと、刺激緩和の効果があります
  3. プレで頭皮に塗布して頂ければ、より一層刺激緩和の効果があります カラー・パーマ・縮毛矯正の1液に10%ブレンドして使用することも出来ます
  4. ラック・オキシにわずかながらもアルカリが入っていますので、フルーツハーブを入れないと刺激を感じやすい

MSX3

  1. 海水・温泉水等のミネラル水です
  2. 薬剤にブレンドすることにすることにより、より一層のツヤを出し、持続させます
  3. カラー・パーマ・縮毛矯正、いまお使いのトリートメントに20%ブレンドして使用することもできます。仕上げにブローローションとして使用できます。全身化粧水で認可が取れていますので肌にも使用できます。
  4. MSX3を使用しないと、年配で乾燥毛の方はツヤが出にくい

デジファーβピーチ

  1. ノンシリコンのセラミドです
  2. パウダー使用量の20%ブレンドすることにより、質感をアップします
  3. 洗い流さないトリートメントとしても使用できます。ノンシリコンなので薬剤の浸透の弊害はありません
  4. 和漢パウダーは油分・シリコンが入っていないので、デジファベータを使用しないと質感が出ない

Gウオーター

  1. 尿素・アルギニン配合の水です
  2. パウダー塗布前にスプレーすることにより、薬剤をはじきやすい髪に対して浸透がよくなります
  3. カラー・パーマ・縮毛矯正等、薬剤がついた上から使用すると薬剤パワーアップ効果があります
  4. 撥水毛の場合、Gウオーターを使用しないと、ノンアルカリの和漢彩染ははじきやすいので染まりにくい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です