和漢彩染とヘナ、Kカラーとの比較

 

和漢彩染

ヘナ

Kカラー

染着方法

ジアミン系染料 ヘナの葉に含まれるローソン(植物色素)  ジアミン系染料

放置時間

15分~30分 1~2時間(ナチュラルヘナの場合) 15分~30分

色持ち

一般的なヘアカラーと同じ 回数を重ねることによって、染着性が増す 一般的なヘアカラーと同じ

感触

植物エキスの働きによって、感触は良い。残存カラーがある場合は多少きしみ感あり。 残存カラーがある場合は多少きしみ感あり。ツヤ出し、セルロースの保湿性で感触は良い。シャンプーのお流し時、きしみ感有り。 タンニン酸による収れん作用により、きしみ感が多少強く、硬さがある

香り

天然ハーブの香り ヘナカラー独特の香り 天然ハーブの香り

カラー

バリエーション

パウダー13色とLUC3種のコラボレーション ローソンとケラチンが結合し、オレンジ系の色を発色。暗く染める場合は、他のハーブ染料 40色

カラーチェンジ

LUC使用によってカラーチェンジ可能 タンニン酸の結合により、カラーチェンジが難しい タンニン酸の結合により、カラーチェンジが難しい

トーンアップ

LUC使用によってトーンアップ可能 トーンアップは困難 多少可能

パーマへの影響

一般的ヘアカラーと同じ、パーマに影響なし タンニン酸の結合により、パーマがかかりにくい タンニン酸の結合により、パーマがかかりにくい

コスト

4倍希釈 2~2.5倍希釈 4倍希釈

認可

医薬部外品登録 ナチュラル へナ --- 化粧品登録
ケミカル ヘナ --- 雑品扱い
医薬部外品登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です