和漢彩染パウダー特徴

白髪染め対応

BB4・BB5・BB5M のみ (BB6・BB7・BB8は白髪に対してウキが出ます)

パウダー調合

  • 彩度単品使用の場合は色味がそのまま出ます(黒髪には分かりづらいです)
  • 白髪にはそのままの色が入ります
  • BB系は8→7→6→5M→5→4の順に褪色が強く出ます(明度が浅い程、褪色します)
  • 彩度の補色の関係は(黄・紫)、(オレンジ・青)、(緑・赤)となっていますが、
  • 和漢彩染の色味が少し原色とは異なりますので、彩度の特徴を掴んで下さい

パウダー特徴

BB4

白髪率の多い方(60%以上)に対して使用。かなり暗めです。

BB5 

白髪が染まります、ウキが気になる方には必ず入れて下さい。

BB5M

白髪が染まります、ウキが気になる方には必ず入れて下さい。(赤み防止のマット系)

BB6

白髪への染まりがやや弱いです。彩度を混ぜても褪色すればウキになります。

BB7

白髪への染まりが弱いです。彩度を混ぜても褪色すればウキになります。

BB8

白髪への染まりが弱いです。彩度を混ぜても褪色すればウキになります。

イエロー

ヤマブキ色です。より黄色を求める方はホワイトを4倍量足して下さい。

オレンジ

やや黄みのあるオレンジです。

レッド

真っ赤ではなく朱色っぽい感じです。

グリーン

緑色です。

パープル

やや青み強い紫です。

ブルー

深めで紺に近い感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です