MSX3 Q&A

パーマの場合でも結果は出ますか?

結果は出ますが、スタイルによって分かりにくい場合がありますので注意して下さい 
(面のあるスタイルには艶は分かりやすい)

アイロンでのダメージは出ませんか?

当然、髪の内部温度が120℃超えてきますとタンパク変性を起こしますのでアイロンのかけすぎには気をつけて下さい(スライス厚めに取ってワンスルー)

合わない髪質はありますか?

ハイダメージの方や縮毛の方には結果が判りにくい場合がありますが、ハイダメージの方にはPPTを使ったメニューや、縮毛の方には縮毛矯正をお薦めすれば、より良い結果が出せます

加温したらダメですか?

MSX3を噴霧後、髪を完全に乾かしてアイロン操作して頂いて熱を加える事によって効果や持続力を上げて頂いていますが、加温によってMSX3の効果を上げるには通常の加温では低すぎますので、結果は判りにくいです(単品使用)

放置時間が長い方が効果は上がりますか?

メニュー展開によって様々ですが、通常ブローローション風にご使用して頂いても、結果はお判り頂けますので長くする必要はございません

パルッキーしてもいいのか?

問題無くご使用なされているサロンもございます。但し、ミスト系の機械にMSX3をご使用されますとミネラル分が故障の原因になりますのでお控え下さい

加温器、パルッキー等で放置時間の短縮は出来ますか?

もともとミネラル分の浸透性が高いので、加温・パルッキー等での短縮は判りにくいです

パーマのリッジ形成に問題ありませんか?

薬剤のパワーを弱める事はございませんが、グレイカラーやパーマ剤の粘度で問題が生じる事がありますので、粘度が緩くなりすぎない様にして下さい(最低でも10%)

カールアイロンは使用していいですか?

アイロン操作をカールアイロンで施術されているサロンもございます(スタイル重視)高温になりやすいので、タンパク変性に気を付けながら施術ください

ヘナ、マニキュアの方にも使用出来ますか?

ヘナの場合は問題無くご使用して頂けますが、マニキュアの場合先程のカラーやパーマ剤の粘度の問題と同じで染まりに影響が出てくる可能性がありますので注意してご使用下さい

MSX3を商材にブレンドせずに結果が出ますか?

勿論、艶やサラサラ感は出るのですがより持続性を保つ為に商材の中にブレンドして頂く方法をお薦めしております。
何故ならば、浸透性が高い分当然抜け出しもし易いので如何に髪の中に留めておく為にと、試していって貰った結果、アルカリの力を借りると艶・サラサラ感の持続が良かったのでお薦めしております。
サロン様の考え方にもよりますが、MSX3を添加してトリートメントメニューとして実感して頂くのが一番良いのではないかと考えております。
当然、ホームケアとしての店販品をお客様に毎日使って頂く事により、より持続性が出て来ます。
あるサロンでは店販商品として、化粧水としてお顔にご使用して頂いておりますし、同時に寝癖直しやブローローションとしてもお客様にお勧めしておられます

ミネラルが髪の毛にどう作用していますか?

まずミネラルのご説明からさせて頂きますと、ミネラルとは糖質・脂質・タンパク質・ビタミンと並び5大栄養素の1つで別名無機質と呼ばれる物です
一般的な有機物に含まれる元素(炭素・水素・窒素・酸素)以外に生体にとって欠かせない元素のことで厚生労働省が発表している食品栄養表示基準に書かれている
代表的なミネラルは12成分で亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・ナトリウム・マグネシウム・マンガン・ヨウ素・リンがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です